学生ローンのポイントを抑えてください。

学生ローンのポイントを抑えてください。

学生がローンを組む場合には専門の金融会社を利用するのがおすすめです。

 

ローンを組むにあたって大事なのはアルバイト収入があるかどうかということです。

 

年収の三分の一以上のローンのローンは組まないようにという法律が、貸金業の改正でできました。

 

学生本人に収入がない場合には年収が0円なのでローンを組むことはできません。

 

無収入の学生や専業主婦の方は新規に借り入れできないのが基本です。

 

パートやアルバイトでも、月々の収入が安定していることを証明できれば、普通にローンを組めますので、その点では問題ありません。

 

問題がないといっても、金融会社によって審査の基準は異なっていますが、学生に融資を行う時に金融機関が重視するのは、収入が安定していることと、信用があることです。

 

学生でアルバイトもしておらずローンが組めそうもない人は、教育ローンを組むという方法もあります。教育ローンは学生本人ではなく保護者を対象にしたローンです。

 

学生で、学費を必要としているなどの理由がある人は、まず家族にその話しをして、必要ならローンを利用するといいかもしれません。

 

学生本人が借り入れできるものは、学生ローンの他にも奨学金があります。

 

奨学金では保護者が連帯保証人になり、卒業後に学生が返済をします。

 

他にどんな方法があるかを十分に考えてから、学生ローンを使うようにした方が、学生にとってはいいでしょう。